株式会社広瀬企画

spmenu

blog

2017年11月17日

大人になって流す涙

こんにちは、代表の広瀬です。11月17日から「技能五輪」「アビリンピック」の全国大会が開催される栃木県に来ています。
「技能五輪」は23歳以下の方、「アビリンピック」は障がいのある方が出場資格を持つ、地方大会を勝ち抜いてきた都道府県の代表選手たちによる、ものづくりの技能を競う全国大会。広瀬企画では2013年からPRやツール制作の担当として関わらせていただいており、大会期間中も競技会場を巡っています。ちなみに今年は、11月16日〜27日まで滞在しています。

PRは年間を通して何度も行うため出場選手とふれあう機会が多いのですが、真剣勝負の場にのぞむ方々の志や努力に、いつも刺激を受けています。
何か目標を持ち、達成に向けて努力をする。そこに辛いことがあっても、絶対に達成したい目標があるからこそ乗り越えていける。そんなことを、選手たちから感じます。

毎年、閉会式での結果発表のときには、選手たちから嬉し涙や悔し涙が流れます。その姿は「目標が達成できたり、できなかったりしたときに涙するほど全力で仕事に向き合っているか」と問いかけられるように、広瀬の心に刺さってきます。

その問いかけに、今年の自分の心はどう答えるかを確かめる。そして来年に向けて気合を入れ直す。広瀬にとっては、そんな機会をくれる、思い入れのある大会です。選手にケガなく、無事に大会が進みますように。

Archives

pagetop