株式会社広瀬企画

spmenu

blog

2018年3月8日

表紙デザインを担当した『建築家+(プラス)』が創刊!

広瀬企画が表紙デザインを担当した、
愛知の建築情報誌『建築家+(プラス)』が創刊。

“愛知を建築でおもしろくする!”をテーマに、
愛知の建築家のしごとや活動の紹介と、
建築家の目を通したまちの魅力を伝えるフリーマガジン。
創刊号は、名駅エリアの「大名古屋ビルヂング」
「モード学園スパイラルタワーズ」を手がけた建築家が
建築の見どころを事細かに教えてくれていて、読み応え抜群!
建築家の本音トークも、今まで遠い存在だと思っていた
建築家の皆さんの人柄があふれていて、
建築を身近な存在に感じさせてくれるような冊子です。

『建築家+(プラス)』の創刊を記念して、
3月24日(土)には大ナゴヤ大学で
建築家と一緒に名古屋駅界隈を巡る授業を開講。
学生以外は普段なかなか入ることのできない
「モード学園スパイラルタワーズ」内部にも、
特別に入ることができるそうですよ!

名古屋駅界隈を巡る授業について、詳しくは
大ナゴヤ大学ウェブサイトをご参照ください。
http://dai-nagoya.univnet.jp/

Archives

pagetop