株式会社広瀬企画

spmenu

blog

2020年6月30日

いいキャッチコピーとは?(7月コピーコンテストより)

広瀬企画が運営する、東海エリアのウェブマガジン【HIROBA】では、定期的にキャッチコピーコンテストを開催しています。お題に基づき、広瀬企画のコピーライター、ライター、プランナースタッフがキャッチコピーを考案。
今回のお題は、「プレミアムビールが飲みたくなるキャッチコピー」でした。
 
グランプリに輝いたコピーがこちら。

「特別な日」に変える一杯。

 
(コピー:國分沙緒里 デザイン:安井潮香)
 
プレミアムビールのプレミアム(特別)という言葉を使った、シンプルで無駄がなく、読み手が解釈に迷うことのない良いコピーです。
 
グランプリ、準グランプリに輝いたキャッチコピーをはじめ、選りすぐりのキャッチコピーをHIROBA記事で紹介しています。
記事はこちら
 
そのほかに集まったキャッチコピーのなかには、ここをもう少し直したらグッと良くなるのに!というものもあります。そこで、そんな惜しいキャッチコピーを添削していきたいと思います。
 

ちょっとした奮発で、格別の味に手が届く。

 
そうそう、そうなんですが、表現がストレートすぎるところが惜しい。キャッチコピーに余韻をもたせ、雰囲気よく仕上げるコツとして、
 
◎言葉の順番を入れ替える
 
というテクニックがあります。
たとえば上記のキャッチコピーの場合、
 

ちょっとした奮発で、手が届く格別。

 
としたらどうでしょう? グッと雰囲気が増しますよね!
キャッチコピーを考えたあとに、もう一度、俯瞰して字面を見てみると、こうしたワンランクアップの余地が眠っているかもしれません。
 
HIROBAでは月に1回のペースでキャッチコピーコンテストを行っています。また来月も、広瀬企画ブログでも、キャッチコピーについてお話していきたいと思います。

2020年6月19日

我が家の小さなアイドル

プランナーはるさんが、家の網戸で捕獲したクワガタを
会社に持ってきてくれました!

プランナーチームが付けた名前は「コメダポチ」。
由来はちょっとわかりません(笑)。
このたび、昆虫好きな私がもらいうけて、
我が家に仲間入りしました。
そうそう、我が家には小2と年長の息子がいますが、
息子以上に、私が、昆虫好きなんです…!

サイズが小さいから「コクワガタ」かな、と
社内では話しており、家の図鑑で調べてみたら
顎の形から、やっぱりコクワガタでした。
昨年はカブトムシを5匹飼っていましたが、
勇ましいカブトムシとは違い、
コクワガタってほんと小さくてかわいい!!!
餌の昆虫ゼリーにしがみついている姿が
なんとも健気…!!!

朝見るとほぼ、土の中に潜って姿が見えませんが、
夜になると餌にしがみついている姿をみて、
私も息子も、「ポチ―!!!」とワイキャイ。
手に乗せたい衝動を抑えつつ(人が触ると弱ってしまうかな、と)、
虫かご越しに、その姿を眺める癒しのひととき。

我が家の小さなアイドル、長生きしてくれますように!
(ライター/広瀬良子)

2020年6月4日

「夜の散歩」。

運動不足の解消にと、ちょうど新型コロナウイルスが騒がしくなり始めたころから、
仕事帰りはバス停を2つほど手前で降りて歩くよう心がけていました。
速足で歩いて約15分の距離。
歩道わきの植物を観察したり、いろんな家から漂ってくる懐かしいような生活の匂いや
夕飯のにおいをかいだりしながら(この匂いで、翌日のお弁当のメニューを決めることも)。

テレワークがあけ、久しぶりに歩いてみると、
春先は土筆が出ていた近辺には、カキツバタ?菖蒲?が咲いていたり
ビワの実がなっていたり、ずいぶん景色が変わっていました。
立ち止まっては写真を撮ったり、匂いをかいだりしてるもんだから、
インターバルばっかでちっとも運動になっていない・・・。
しかも、余計な酒のつまみまで購入してしまう。
運動不足解消(本当はダイエットがしたい・・・)には程遠い「散歩」になっていますが、
何もしないよりはいいか、と自分に甘く言い聞かせて、散歩を楽しんでいます。
プランナー/はる

Archives

pagetop