株式会社広瀬企画

spmenu

blog

2021年6月4日

カメラロールを振り返ると

コピーライターの山田です。

今回で3回目のブログ更新です。ここまで2回連続でグローブの話をしてしまったので、今回もグローブの話をしようと思ったのですが、今回は特にグローブ関連の話題がありません…。前回報告した孫(グローブ)はいい感じで育っていますのでご安心ください。

今回も何かブログのネタは無いかとスマホのカメラロールを見ていたのですが、出てくる写真はラーメン、ラーメン、サウナ、ラーメン、サウナ、サウナ。これは困ってしまいました。
ラーメンはともかく、今回はサウナの話をしましょう。
数年前は「サウナが好き」と言っても中々理解してもらえず不思議な顔をされましたが、近年サウナは大ブーム。最近は浴室内にも若いお客さんがたくさんいます。
近所のサウナに通うことももちろんですが、私は旅行がてら全国の有名サウナ施設を巡るのが趣味です。(コロナ禍で最近は行けてないですが)

 

毎年暮れに有識者が集まり“今行くべき全国のサウナ施設”を発表するSAUNACHELIN(サウナシュラン)という催しが開催されます。毎年サウナシュランの発表を見ながら「あのサウナ改装されたのか」、「新しくこんな施設ができていたのか」と翌年に行きたいサウナの目星を立てています。

そんなサウナシュランにおいて、前人未到の3年連続入賞を果たし殿堂入りを果たしたサウナが2か所あります。それが熊本の「湯らっくす」と横浜の「スカイスパ Yokohama」です。

横浜のスカイスパには行ったことがあるのですが(今まで行ったサウナで体感温度が一番高くて熱波で火傷するかと思いました)、湯らっくすには未だに行けていません。
どうやら全国を巡るサウナ旅も後は、湯らっくすを抑えればゴールを迎えれそうです。コロナ禍が開けたら何よりも先に、熊本に旅に行きたいです。
 
 
いつか、仕事でも大好きなサウナや野球などに関わるものに携わってみたいなと密かに考えています。
写真は名古屋で一番イケてるサウナがある銭湯「春日井温泉」です。

Archives

pagetop