株式会社広瀬企画

spmenu

blog

2021年9月24日

ナウシカ歌舞伎

デザイナーの堀です。

ちょっと前にナウシカ歌舞伎が地上波で流れていたので見たのですが、すごく面白かったです。
歌舞伎って表情がすごく大切なんですね…江戸時代に浮世絵で描かれた歌舞伎役者の顔と同じ表情を役者がするので、
見たことがないのに見たことがある!と感心してしまいました。
なるほど、浮世絵師はありのままを紙に描いていたのだ…

甲高い発声と所作が多少特殊ですが、普通の舞台と同じ感覚で見れる大衆娯楽という印象を受けました。
ストーリーは映画版ではなく、漫画版の原作準拠で淡々と進みます。クシャナ殿下が凛々しく美しかったですね…
アスベルとユパ様が舞台上で水がドバドバ跳ねる中、殺陣を披露したりとても見応えがありました。

歌舞伎なので衣装もみんな和服で、国章が蛇のトルメキア軍は鱗柄の着物だったり、
ヴ王の衣装がお殿様だったり衣装観察も楽しかったです。

写真は京都の風俗博物館で撮ったものです。(全く関係ないですが、それらしい写真がこれしかありませんでした…)
ワクチン摂取完了したら、感染対策はもちろんした状態でどこか遊びに行きたいですね…

Archives

pagetop